ファイナンスリース

日本国内で主流のリース取引、ファイナンスリース契約

お客様がお選びになった機器を弊社が購入し、その機器をお客様にお貸しする最も基本的なリース取引です。
契約期間中にお支払いいただくリース料は、物件の取得価格、期間中の支払金利、固定資産税や損害保険料などの概ね全額となりますが、購入とは異なった多くのメリットをご提供いたします。

ファイナンスリースの仕組み

ファイナンスリースのご利用までの流れ

  1. 物件の選定、
    リース料の見積申込
    お客様は使用したい物件を選定していただき、サプライヤ様と機種・仕様・納期などを決定していただきます。
    その後、弊社にお見積りのお申し込みをしていただきます。
  2. 審査
    お客様はお見積りのお申し込みの際、「会社経歴書」「財務諸表(過去3年分)」をご提出いただきます。
    弊社は、ご提出いただいた資料をもとに審査をさせていただきます。
  3. 見積書の提示、
    リース契約締結
    弊社は、サプライヤ様のお見積りに基づき、リース料のお見積書をお客様にご提示させていただきます。
    お見積りの条件が決定しましたら、お客様と弊社でリース契約を締結いたします。この際、「印鑑証明書」と「商業登記簿謄本」等のご提出をお願いいたします。
  4. リース物件の発注
    (売買契約の締結)
    弊社は、リース契約に基づきサプライヤ様と売買契約を締結し、リース物件の発注をいたします。
  5. リース物件の納入、
    リース開始
    サプライヤ様は、お客様の指定した場所へ直接リース物件を納入いたします。
    お客様は、納入された物件を検収し、「借受証」を弊社にご提出いただきます。
  6. リース料支払
    お客様は、「借受証」の発行後、リース料のお支払いを開始していただきます。
    リース料のお支払い方法は、銀行振込や口座引落を選択いただけます。
  7. 物件代金支払
    お客様から「借受証」が交付されリース料をお支払いただくと、弊社はサプライヤ様へ物件代金をお支払いたします。
  8. リース期間満了
    お客様は、リース契約期間が満了する2ヵ月前に、引き続きご利用いただくか、契約満了手続きを取るかをご選択いただきます。
    引き続きご利用いただく場合は、再リース契約を締結していただきます。
  9. リース物件の返還
    リース契約を終了する場合は、物件の返還について弊社と調整させていただいた上、お客様のご負担により弊社指定業者によりリース物件を返還していただきます。

ご利用のメリット

お客様にとってのリースのメリット

物件導入時の資金調達が不要です

物件導入時に多額の資金を用意する必要がありません。これにより留保された資金を他の投資資金に活用でき、資金繰りに余裕がもたらされます。

陳腐化リスクをヘッジできます

物件の使用予定期間に応じたリース期間の設定により、常に最新鋭の機器を使用する事が可能で、陳腐化リスクに柔軟に対応できます。

コスト把握が容易になります

リースで物件導入した場合、コストは毎月一定のリース料だけですので、コスト把握が容易になります。

資産の早期償却が可能です

リース取引は、リース期間定額法償却が認められておりますので、法定耐用年数に対して短い期間設定の場合は、買取の場合と比べて早期に全額を償却することが可能です。

煩雑な管理事務も不要です

物件の管理・保険手続き・固定資産税納付といった、煩雑な事務作業は必要ありません。

物件の廃棄はリース会社で行います

リース契約終了時、物件の廃棄処理の手続きや陳腐化した機器を持ち続ける煩雑さもありません。

サプライヤ様にとってのリースのメリット

販売促進の手段になります

お客様が買取でおこなう場合の資金調達や、陳腐化の問題で物件の導入に踏み切れない場合でも、初期投資が少額で済む点やリース期間の設定を組み合わせて提案することにより、販売促進の幅が広がります。

物件販売代金の回収が早く確実になります

物件代金をリース会社が一括して支払うため、回収がスムーズになり、資金効率も高まります。また、回収に対するリスクも軽減されます。

計画的な販売活動をバックアップします

リースを利用することにより、リース期間の満了時期を目処に物件の更新時期の的確な把握が可能になり、お客様への計画的な販売活動を後押しします。

ご契約にあたって

リース期間の設定について

リース料算出時に物件のご利用予定期間(リース期間)をお客様に設定していただきます。
リース期間は法定耐用年数の70%以上(耐用年数10年以上は60%以上)の範囲で設定していただきます。

法定耐用年数 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15
最短リース期間 2 3 4 4 5 6 6 6 7 7 8 9

中途解約の禁止について

リース期間の途中で契約を解除することは原則できません。

お支払金額について

リース会社が物件を購入する際に必要とした資金等のほぼ全額をリース期間中にお客様にお支払いいただきます。

保守・修繕について

リース物件の保守・修繕義務はお客様のご負担になります。

瑕疵担保責任・危険負担について

物件の瑕疵については弊社は責任を負いかねます。お客様自身でサプライヤ様へお問い合わせを行っていただきます。
危険負担はお客様にご負担いただきます。ただし、保険が適用された場合は、その保険金額を限度としてお客様のご負担が免除されます。